■ウズラ■
 
光(男の子)                                                        プリン(女の子)

分類 キジ目キジ科

英名 Coturnix coturnix japonica

学名 JAPANESE QUAIL

体長 18〜20cm

体重 ♂・・・110g前後 ♀・・・130g前後
寿命 10年前後 ※改良されたウズラは♀・・・5年 ♂7年程
見分 ♂・・・顎から喉が茶色・生後2〜3ヶ月で「クケッキョー」等と大声で雄叫びをあげるようになる。
見分 ♀・・・顎から喉が肌色・生後2〜3ヶ月で鶉卵を生むようになる。

分布 アフリカ北部〜ユーラシア大陸で見られ、日本にはその内の一亜種が分布しています。

繁殖 日本・ジベリア東南部・中国大陸・モンゴル・朝鮮半島など

渡り 冬になると中国南部・インドシナ半島に渡って行きます。
渡り キジ科の中ではもっとも長距離を飛ぶ鳥と言われていますが
渡り 短腕型の為、飛び方は下手な部類に入ります(^-^;

日繁 本州の中部以北〜北海道にかけて夏鳥として繁殖
繁殖 冬は平地(関東以西〜九州)に移動
繁殖 中には関東・近畿地方で留鳥し、繁殖するウズラもいます。

野餌 種の種子・昆虫・穀物などを小さな群れで探して食べています。

繁時 ♂は縄張り宣言の為、大きな声で鳴きます。
繁期 また♂・♀で鳴き合い、求愛行動を繰り返します。

繁期 5〜10月頃
繁期 交尾した後は草原の地面にある窪みに枯れ草を敷いて巣を作り
繁期 そこに7〜8個の卵を産みます。
繁期 産まれたヒナはすぐに自分でエサを食べ出し、生後19日程で飛べるようになります。

呼名 大阪・・・ばとしー 奈良・・・うずら 福島・・・かわらつこ・のうづら 秋田・・・ちよきぢ
呼名 徳之島・・・うじら 鳥取・・・おづら 長野・・・ちちくわい など

語源 うずらの「う」は草むら
語源 つらは「連なる」と言う意味に由来しているので
語源 草むらに連なる=ウズラになったと言われています。

種類 白ウズラ 赤ウズラ ヒメウズラ カンムリウズラ シロボシウズラ ジャネイロウズラ
種類 オナガウズラ ツノウズラ コリンウズラ ヨーロッパヤマウズラ シロマダラウズラ
種類 タマフウズラ ウロコウズラ ヨーロッパウズラ ノドグロコリン カンムリコリン
種類 ズアカカンムリウズラ エボシウズラ オナガウズラ ギアナウズラ マダラウズラ など

一般家庭で育てる(卵を産ませる為では無い)場合

■餌■


多くの養鶉場・養鶏場ではウズラ・ニワトリ専用の餌を与えています。
確かに高タンパクなので卵を産むウズラには向いているかもしれませんが、ウズラ・ニワトリの餌の中に入っている「魚粉」「大豆カス」は古い物であったり、処理剤を使っている場合が多く、そのまま与え続けていると肝障害の原因になるといわれています。

そしてその事を知ってから我が家では、ウズラ達にペレットを配合して与えるようになりました。
ラウディブッシュ社のペレット・HOTペレット・ペレ炭です。
♀にはラウディブッシュ社のブリーダータイプを
♂にはラウディブッシュ社の※メンテナンスをそれぞれ分けて与えています。
※ローファットメンテナンスが購入出来るようでしたらそちらの方が良いと思います。
後はハトの餌を少しペレットに混ぜて与えています。

副食としてミルワーム(頭を切り落としてから与えた方が安全)・コオロギ・イナゴ・ゆで卵・豆腐・枝豆・プロテイン(人間用でOK)・エビオス(ビール酵母で出来ていますが、体に良いみたいです)などを与えても良いそうです。

ビタミンは緑黄色野菜であるニンジン・カボチャ・ピーマン・小松菜などから、ミネラルはボレー粉・カットルボン・ゆで卵の殻(高級な卵の方が安全だそうです)などから摂取出来る様にしてあげて下さいね。

■ケージ■

鳥カゴ・虫かご・衣装ケースなどが良く使われているそうです。
ウズラを鳥カゴで育てる場合はフンきり網・止まり木は外し、床に床材(ワラ・新聞紙など)を敷いてあげて下さいね。
また虫カゴや鳥カゴを使用する場合、クッション性のある物(プチプチなど)を上に取り付けた方が良いです。
ウズラの華麗なる(?)ジャンプによって怪我やハゲを作る怖れがありますので・・・

これはあくまで私の体験談ですが、ウサギのケージの隙間は丁度ウズラの小さな頭位の大きさなので、ウズラが誤って挟まってしまう怖れがあります。
なるべく上で上げた物を使ってあげて下さいね(^_^;

■日光浴・放鳥・砂浴び■

日光浴・放鳥に関しては他の鳥さんと同じ様にしてあげればいいと思いますが、ウズラは主に地上を歩きますので、踏まない様に充分気を付けてあげて下さい。

またウズラは水浴びではなく砂浴びをします。
ハムスターなどの小動物用の砂は固まって危険ですので、小鳥用健康焼き砂などを使ってくださいね。

■その他■

男の子のウズラのお尻の下にはポコンとした腫瘍みたいなものがありますが、あれは男の子の象徴的な物ですので、腫瘍では御座いません。
(痛がったり気にしているようでしたら、腫瘍の可能性もありますので病院に連れて行くことをオススメします)

稀に焦げ茶色のベットリとした臭いフンをしますが、下痢ではなく「盲腸便」と言うものですのでご安心下さい(^-^)
(フンをするたびに下痢っぽかったりなんとなく元気が無いと感じる場合は下痢の可能性もありますので、注意して下さいね)

後、ウズラはたまに寝転んで寝る事もあるという事を頭の中に入れて置くといざって言う時に良いかもです(笑